Ahinahina:
マウイ島のギンケンソウ

右の花はなんの花の仲間だと思いますか? ひまわりに似ていると思う人は多いと思います。まず、初めにギンケンソウ (Argyroxiphium sandwicense subsp. macrocephalum)の花を見るとサボテンかに似ていると思うでしょう。実は、ギンケンソウは花から想像するようにひまわり種類の一種です。

ギンケンソウ

ギンケンソウの花はめったに見ることはできません。:だいたいギンケンソウの花は、枯れる少し前に開花します。ギンケンソウの寿命はだいたい20 年から50年ぐらいと言われています。 葉は40cmぐらいで、径60cmにもなる銀色のロゼットから6月から9月ごろ、夏にかけて、花茎を1.5mほど伸ばし、2cmぐらいの赤桃色のひまわりを小さく したような花を数週間につけます。その花は150〜600余りつけます。2、3ヶ月間すばらしい花は咲き続けます。その後枯れます。

なぜ、ある夏に年にギンケンソウは開花するのでしょうか?寿命でしょうか?または、子孫を残すでしょうか?それはギンケンソウだけが知っていますが、開花 株数が毎年ごとに変わります。開花数調査によると、1991年に6632株が咲きました。1994年に30株しか咲きませんでした。そして、なぜかと言う いろいろな説はありますが、そのことを知っているのはギンケンソウだけでしょう。

Haleakalā caldera

英名:シルバ−スワードと和名:銀剣草は、両方とはロゼットの銀色の刀みたいな形から来ています。ハワイ 名のアヒナヒナはギンケンソウの細かい銀色の毛という意味です。そのうぶ毛は 水分を吸収して、葉っぱの間のエアポケットに水を貯えます。太陽の直射日光や、冬の寒さなど過酷な自然受験からから身を守ります。また、鏡のような働きで ハレアカラー「ハワイ語で「太陽の家」」の強烈の紫外線を反射して保護します。パラ ボラの形のロゼットの葉っぱは日光を芯のほうへ反射をして、芯を暖めま す。芯の上端のほうは周りの葉っぱの温度以上、20度場合もあります。サバイバル にとても賢い植物でしょう。

このユニーク、素晴らしいギンケンソウの先祖の名前はそんなに魅力的な名前ではありません:California tarweed (カリフォルニア・タール・雑草). 今から数百万年前むかしに、そのtarweedの種がアメリカ大陸からハワイ諸島ま で、3000キロメートル以上、波に揺られて流れ着いたと考えられています。 tarweedの種の研究は、遺伝的にギンケン ソウとヒマワリ(Asteraceae)の関係 を意味しています。ギンケンソウはそのtarweedの種類のひとつの子孫です。ま たギンケンソウの仲間の種類は30以 上ありますが、それらはハレアカラとハ ワイ諸島の各島に散らばっています。

写真について

右上:ギンケンソウの一個の咲いている花
ハレアカラカルデラへのビュー。(よく「クレーター」と言います。)
下:ギンケンソウの開花の段階。写真にクリックすると新しいウインドにもっと大きいバーションが立ち上がってきます。短い説明が付いています。

silversword silversword
silversword silversword silversword