Ahinahina、銀剣草、Silversword

Ahinahina、ギンケンソウ、Silversword

早い情報

ハワイ名 和名 英名 カテゴリー
Ahinahina, hinahina
(アヒナヒナ、ヒナヒナ)
ギンケンソウ
(銀剣草)
Silversword
(シルバーソード)
Haleakala silversword
生来、固有種
学名 科(英) 科(和) 同じ属のなかま
Argyroxiphium sandwicense subsp. macrocephalum Asteraceae キク科 ヒマワリ、レタス、デージー         
原産地 観察
ハレアカラ山頂 ハレアカラ山頂

アヒナヒナ物語

アヒナヒナ、ギンケンソウ、Silverswordはマウイ島のハレアカラ(Haleakalā)山の頂上付近に自生します。ハレアカラ山に自生する種類はArgyroxiphium sandwicense subsp. macrocephalumです。ハレアカラ(Haleakalā)山頂や盆地はとっても厳しい環境です。アヒナヒナ(銀剣草)の成育地には雨、雪、強風、きつい紫外線や寒い夜間な変わりやすい天気があります。土地は火山の溶岩です。アヒナヒナ(銀剣草)はその厳しい環境に進化して適応してます。数十年掛けて成育し花をさかせると枯れてしまうのです。一生に一度しか咲きません。アヒナヒナ(銀剣草)の花を見たら、寿命はすぐ終わるということです。

上にあるイメージ:
アヒナヒナ、ギンケンソウ、シルバーソード

ハレアカラ(Haleakalā)山頂や盆地はとっても厳しい環境です。アヒナヒナ(銀剣草)の成育地には雨、雪、強風、きつい紫外線や寒い夜間な変わりやすい天気があります。土地は火山の溶岩です。アヒナヒナ(銀剣草)はその厳しい環境に進化して適応してます。数十年掛けて成育し花をさかせると枯れてしまうのです。一生に一度しか咲きません。アヒナヒナ(銀剣草)の花を見たら、寿命はすぐ終わるということです。

ハワイに他のArgyroxiphiumの種類があります。Sandwicenseの中にハレアカラ山に自生するArgyroxiphium sandwicense subsp. macrocephalum以外にハワイ島のマウナケア山に自生するArgyroxiphium sandwicense subsp. sandwicenseという種類があります。英語で「Mauna Kea silversword」と呼ばれます。Haleakala silverswordとMauna Kea silverswordと比べたらMauna Kea silverswordのほうの茎が細くて長いのです。葉のほうは長く細くて真直な形です。

他のSilversword(シルバーソード)の種類もあります:

  • Argyroxiphium caliginis: 'Eke silversword (エケシルバーソード)
  • Argyroxiphium grayanum: greensword (グリーンソード)
  • Argyroxiphium kauense: Ka‘ū、Mauna Loa silversword (カウ、マウナロアシルバーソード)
  • Argyroxiphium virescens: East Maui greensword (イーストマウイグリーンソード)

イーストマウイグリーンソードのほうは絶滅種らしいですが1989年にハイブリッドが発見されたのです。イーストマウイグリーンソードとハレアカラシルバーソードとのハイブリッドらしいです。

もっともahinahina、銀剣草、シルバーソードなどのことに興味があれば、植物BBSへどうぞ。

Ahinahina、銀剣草、シルバーソードの写真集:ハレアカラ満月銀剣草

Ahinahina、銀剣草、シルバーソードの物語はこちらへ続きます