マウイ島の植物や動物

ハワイ諸島から一番近い
アメリカ大陸まででも約
3600kmも離れてます。現在の
飛行機時代では日本からハワイ諸島まで
わずか8〜9時間で到着します。そして、
地球上で最も孤立した太平洋の一つは
ハワイ諸島だということは信じられ
ないかもしれません。その昔からの
ハワイ諸島の孤立こととマウイ島の
多種多様な気候と合わしてます。この
結果は異数的な生物の状態のマウイ島です。

このサイトではハワイの生物を3つの
カテゴリーに分けます:固有種、カヌー生物、
と外来種(カヌー生物以外)。大昔は動物や
植物は太平洋に潜んでいた孤立していたハワイを
見つける可能性は低かったのでした。そのよう
な理由で動植物はいろいろな方法でハワイに
着きました。鳥は翼で来ました。植物の種子は風に
乗って運ばれたり、水面に浮びながら海流に
乗って運ばれたり、また鳥の羽毛に付着してたどり 
着きました。

    そして種子は鳥に食べられて運ばれたりしました。 それは人間がハワイに来る前の一番目の動植物の 移動の大きな波でした。その植物、鳥、昆虫などは長い 年月をかけて独立的に進化しました。
    二番目の大きな波はポリネシア人の船に乗って一緒に乗ってきた動植物でした。 その生物はだいたい人間の生活の中の必要のものでした。 船の中に運んだ植物は「canoe plants(カヌー植物)」などと言われます。
    イギリスのCaptain Cook(クック船長)がハワイを 発見してだんだんと世界中からいろいろな動植物が新たに加わりました。これらは外来種をいわれます。