ノニの花ノニ (Morinda citrifolia)

ページの右に不思議な形;宇宙人の顔のような実はノニフルーツの果実が出てきたばかりの様子です。どこの惑星から到着したのでしょうか?

ハワイ名はノニ、学名はMorinda citrifolia、英名Indian Mulberry、アカネ科です。ノニもともとモルッカ島から、熱帯アジア、オーストラリア、太陽諸島の野生の植物です。千年前のポリネシアの人々はノニをカヌーに積んでハワイ諸島に持ってきました。その頃のカヌーの中は狭かったので、本当に一番大切なものしか持って行きませんでした。ノニはそのカヌーで運ばれた植物の一つであったということは、ノニへの敬意を表していました。

ノニの木は昔のハワイアンに色々な利用がありました。根、樹皮から染料を作りまして、タパ(ハワイアンの手織り布)を染めましたが大半の利用は薬用でした。色々な病気、糖尿病、心臓病、高血圧、骨折、切り抜きなどに用いました。現在でも使っている人がいます。

昔のハワイアンはノニの木をいろいろな利用をしました。根、樹皮から染料を作り、タパ(ハワイアンの手織り布)を染めました。ノニの大半の利用方法は薬用でした。色々な病気、糖尿病、心臓病、高血圧、骨折、切り傷などに用いました。現在でも使っている人がいます。

木の高さは1.5〜3m、小さい常緑樹で、海岸の近くに多いです。ハワイ島の溶岩原でもノニの木が野性的に成長します。このすばらしい植物の一番忘れられないことは熟しているフルーツの香りです。実が熟していないフルーツは匂わないですが、ノニの表面の色が白くなるとすごく臭い匂いがします。味もすぱっくて、しぶいです。ちょうどプレーンヨーグルトをもっとすっぱくしたよう な味です。

興味があれば、BBSに話し合いましょうか?

デヴィッド・マーカス氏のインタビューへどうぞ

デヴィッド・マーカス氏の生活の中心はノニです。かれはハワイアンの薬草の専門家に師事をして、その先生にノニの店をする許可をもらいました。

写真にクリックすると新しいウインドにもっと大きいバーションが立ち上がってきます。短い説明が付いています。

ノニ ノニ

このサイトの情報はマウイの文化や自然、生活を調べる為のものです。このサ イトで調べている薬草は病気のレセプト用ではないです。

植物(BBS)へ | ノニの製造 | デイビッド・マーカス
BBSへ | ホーム | 地図 | 自然 | 植物 | 前のページに戻る