マウイ島の植物園

上:Naupaka(ナウパカ)、ハワイの固有種の植物

マウイ島の植物園

偶然に自然の中で珍しい植物と巡り合うのは一番楽しいかもしれませんが植物園へ行くのも利点があると思います。こちらにマウイ島の植物園を3つ、エン チャンティング・ フローラル・ガーデン、マウイ・ヌイ植物園とカハヌ・ガーデンを紹介します。

フローラル・ガーデンとマウイ・ヌイ植物園と、フィーチャー(日本語で言うとなんといいますか)します。 エンチャンティング・フローラル・ガーデンはマウイ島のクラ高原にある武田さんという日本人夫婦が一生懸命植物を育てている広い植物園です。マウイ・ヌイ植物園 (Maui Nui Botanical Gardens)はマウイ島のカフルイーワイルクの町内にあります。ハワイの固有種の植物に専門にします。

ハナのあたりにあるカハヌ・ガーデン(Kahanu Garden)は民族植物園です。カハヌ・ガーデンの特徴は古代のポリネシアンがハワイへ選んで持ち込んだ「カヌープランツ」やハレ・オ・ピイラニ・ヘイアウ(Hale o Pi`ilani Heiau)という最大なヘイアウ(神殿)です。

どれの植物園も行って見るとハワイの植物についての経験や知識が豊かになります。たくさんの美しい植物や珍しい植物や花が見えことができるのは言うまでもありません。