Loren Adamsの作品

Loren Adamsの作品から即しています。   許可:Loren Adams

ハワイやマウイ島の星空

昔のハワイアンには星はとっても大切なものでした。磁石なしで昔のポリネシア人は星を頼りに勇敢な航海民族をして、孤独されたハワイを発見しました。星、月や大陽の位地で儀式の日を決めて、カレンダーを作りました。

昔の人は星空を眺めると落ち着いたでしょう。近代人にはそういう機会がだんだんとなくなりました。都会の夜空で星数個しかみられません。

星の眺めにたいして人工の邪魔なものとか自然の邪魔なものとか両方があります。人工の邪魔の中に公害(煙り、排気ガス、空気汚染)や光害(街頭、車のライト)があります。自然の邪魔のものは満月の光、雲、多湿や空気自身(地球の大気)になります。特に現在の都会にそのすべてな邪魔なものは多くあります。そして、ハワイやマウイ島の夜空は?

まず、太平洋の真ん中にあるハワイには空気汚染はわりと少ないのです。マウイ島やハワイ島の自然の場所では、光害もすくないでしょう。ハワイ島やマウイ島の山なら、光害や空気汚染が少なく、湿度が少ないし空気でも薄くて広い星空が眺めます。北回帰線より南にあるマウイ島やハワイ島から、北半球から見える星100%、南半球から見える星85%が見えます。夜空を眺めて天の川がはっきりと見え、かんたんに流れ星がみつかります。

初めて見る満天の星空どのぐらい感嘆と驚きと喜びに満ちるでしょう。宇宙空間がどれくらい広大かという事実をはじめて感じる経験になるでしょう。

今月、ハワイにどういう星空の現象が表れるかと知りたいのなら今夜の星空で調べてください。また、ハワイの星空のことについて話し合いをしたいのなら、alama.netのハワイ星空BBSへどうぞ。