気象:太陽と地球

宇宙からの地球” width=

Image courtesy of NASA

天気や気象は私たちの人間に深い影響をされます。いい天気を求めて世界中からの人々はハワイに来ます。ハワイのよい天気の原因はなんでしょう?こちらの「気象物語」はその質問を探求します。

太陽の放射、地球の自転や傾き、大気の状態、風、や気圧はすべてこの物語のキャラクターになります。こちらの説明は短い概略です。この物語のフォーカスはハワイやマウイ島の気象です。もし興味が湧いてきて気象のことがもっと詳しく分かりたくなってきたら、気象学の本やHPに調べてください。そして面白いことを習うならこちらのAlamaのHPのBBSに知らせたら感謝します。

この物語の始まりは太陽です。太陽から出て行く放射は地球の地面や水面に当たります。当たると空気が暖めてきて上昇します。

気象のイラストレーション

National Oceanic and
Atmospheric Administration
(NOAA)

のイメージに基づきます。

その上昇温暖は赤道の近くに一番強いでしょう。最初に説明の為に地球は自転、傾き、や水がないように想像しましょう。左にあるイラストレーションにはそのシナリオが見えます。

赤道の辺りに太陽の放射が直接に地面や水面に当たります。そして空気が暑くなってきて、超高層大気へ上昇します。その結果で赤道の近くに低気圧状態になって、暖かい空気が両極の方向へ流れていきます。両極の上に空気が冷たくなってきて、下ります。両極では高気圧状態になるはずでしょう。

そのシナリオで空気の動きを可視化できるでしょう。併し、気象のことはそんなに簡単ではありません。地球は自転や傾きがあります。そして、この気象物語はもっとも複雑になります。次のページに現実的に調べましょう。