Haleakalā(ハレアカラ)クレーター

Haleakalā(ハレアカラ)

Haleakalā(ハレアカラ)はハワイの東マウイ島にある盾状火山(shield volcano)です。マウイ島のローカルの人はHaleakalā(ハレアカラ)の頂上の大きな盆地はよく「クレーター」(噴火口)とよばれますが地質的にクレーター(噴火口)のほうは火山活動中に形成された現象です。Haleakalā(ハレアカラ)の地質史とは異なります。

火山学特論によると少なくとも8100万年前ハワイ諸島の島はすべてのホットスポットと関係あります。マグマは地球のマントルから上昇して、なん十万年の間に何回も何回も爆発して、だんだんと島を形成します。火山の活動より他のプレイヤーがあります:水、風、おそらく氷河、侵蝕、そして時間は参加しました。

東マウイ島の火山は多分2百万年前から成長が始まりました。1.5万年前から海洋面からでてきたらしいです。1万年前から多数回に噴火したことがあります。少なくとも1千年前から10回程な噴火がありました。その地質史や現在の活動によって未来にまた噴火する可能性が高いのです。

Haleakalā(ハレアカラ)の頂上のあたりの噴石丘は比較的に最近の火山噴火によってできました。そして、現在に知られているままなHaleakalā(ハレアカラ)クレーターは145000年前から120000年までに形成されたそうです。結果はHaleakalā(ハレアカラ)クレーターの特微的な風景です。その風景は本当に神々しいです。別の惑星に行ってしまったような風景でしょう。

昔のハワイアンの神話によるとHaleakalā(ハレアカラ)は太陽の家です。ハワイ語でlāは太陽で、haleは家だという意味です。

このページ等では、Haleakalā(ハレアカラ)の事を、Haleakalā(ハレアカラ)の特微的な風景などを探索します。興味があれば是非参加してください。、自然のBBSへどうぞ。

外のHPへのリンク: